MLB・大リーグの英語略記と用語説明一覧

大谷翔平選手の活躍で、MLB,大リーグ放送を見る人が増えてそうですよね。

NHK、J SPORTS、DAZNやMLB.TVで放送を見ていると、成績が英語表記で解らないことありませんか。

また、解説者の人が説明なしで大リーグ用語を使用して、「なにそれ?」となりませんか。

正直、私も知識が曖昧でして・・・

そこでMLB,大リーグの英語略記用語説明を一覧にしてまとめてみました!!

英語略記

※アルファベット順

  • AB・・(AT BAT):打数
  • ALCS・・(AMERICAN LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES):アメリカンリーグチャンピョンシップシリーズ
  • ALDS・・(AMERICAN LEAGUE DIVISON SERIES):アメリカンリーグディヴィジョンシリーズ
  • AO・・(AIR OUTS):フライアウト
  • AVG・・(BATTING AVERAGE):打率
  • BABIP・・(BATTING AVERAGE ON BALLS IN PLAY):本塁打を除くグラウンド内に飛んだ打球が安打になった割合
  • BB・・(BAASES ON BALLS):四球
  • BB/9・・(BASE ON BALLS PER 9 INNINGS PITCHED):与四球率
  • BK・・(BALKS):ボーク数
  • BQR・・(BEQUEATHED RUNNER):投手が降板するときに残したランナーの数
  • CS・・(CAUGHT STEALLING):盗塁死
  • CG・・(COMPLETE GAMES):完投
  • DH・・(DESIGNATED HITTER):指名打者
  • E・・(ERRORS):失策
  • ER・・(EARNED RUNS):自責点
  • ERA・・(EARNED RUN AVERAGE):防御率
  • FPCT・・(FIELRING AVERAGE):守備率
  • G・・(GAME):試合
  • GF・・(GAMES FINISHED):試合の最終投手
  • GIDP・・(GROUND INTO DOUBLE PLAY):併殺打数
  • GO・・(GROUND OUTS):ゴロアウト
  • GS・・(GAMES STARETED):先発試合数
  • H・・(HITS):安打
  • HBP・・(HIT BY PITCH):死球数
  • H/9・・(HIT PER 9 INNINGS PITCHED):被打率
  • HLD・・(HOLD):ホールド
  • HR・・(HOME RUNS):本塁打
  • HR/9・・(HOME RUNS PER 9 INNINGS PITCHED):被本塁打率
  • IP・・(INNINGS PITCHED):投球回数
  • HB・・(HIT BATSMAN):死球
  • HR・・(HOME RUNS):本塁打
  • IBB・・(INTENTIONAL WALKS):敬遠数
  • K/9・・(STRIKEOUTS PER 9 INNINGS PITCHE):奪三振率
  • K/BB・・(STRIKEOUT TO WALK RATIO):奪三振と四球の比率
  • NLCS・・(NATIONAL LEAGUE CHAMPIONSHIP SERIES):ナショナルリーグチャンピョンシップシリーズ
  • NLDS・・(NATIONAL LEAGUE DIVISON SERIES):ナショナルリーグディヴィジョンシリーズ
  • NP・・(number of pitcher):投球数
  • MPH・・(MILE PER HOURS):マイル毎時 100マイル=約160キロ
  • L・・(LOSSES):敗戦
  • LOB・・(LEFT ON BASE):残塁
  • OBP・・(ON BASE PERCENTAGE):出塁率
  • OF・・(OUTFIELDER):外野手
  • OPS・・(ON-BASE PLUS SLUGGING):出塁率と長打率を足した数値
  • PA・・(PLATE APPEARANCES):打席数
  • PK・・(PICKOFFS):けん制による刺殺
  • QS・・(QUALITY START)先発投手が6イニング以上を3失点以内に抑えること
  • R・・(RUNS):失点
  • RBI・・(RUNS BATTED IN):打点
  • RF・・(RIGHT FIELDER):右翼手
  • RP・・(RELIEF PITCHER):リリーフ投手
  • RPM・・(REVOLUTIONS PER MINUTE):1分間のボールの回転数
  • RS/9・・(RUN SUPPORT PER NINE INNINGS):得点援護率
  • S・・(SWITCH HITTER):両打ち
  • SAC・・(SACRIFICE BUNT):犠打
  • SB・・(STOLEN BASES):盗塁
  • SF・・(SACRIFICE FLIES):犠飛数
  • SHO・・(SHUTOUTS):完投数
  • SLG・・(SLUGGING PERCENTAGE):長打率
  • SO・・(STRIKEOUTS):三振
  • SP・・(STARTING PITCHER):先発投手
  • SS・・(SHORTSTOP):遊撃手
  • SV・・(SAVE):セーブ
  • SVO・・(SAVE OPPORTUNITIES):セーブ機会
  • TB・・(TOTAL BASES):塁打数
  • TBF・・(TOTAL BATTERS FACED):打者数
  • S%・・(PERCENT OF PICHERS FOR STRIKES):ストライク率
  • UT・・(UTILITY):ユーティリティー
  • UZR・・(ULTIMATE ZONE RATING):守備でどれだけ失点を防いだか
  • W・・(WINS):勝利
  • WHIP・・(WALK PLUS HITS INNING PITCHED):被安打+与四球を投球回数で割った数値
  • WP・・(WILD PITCHES):暴投数
  • WPCT・・(WINING PERCENTAGE):勝率
  • WS・・(WORLD SERIES):ワールドシリーズ
  • XBH・・(EXTRA BASES HITS):長打数

用語説明

※あいうえお順

”カムバック賞”

病気やケガから復帰して好成績をおさめた選手に贈られる賞で、カムバック賞の選考方法はファン投票。

”クオリティースタート”

先発投手が6回以上投げ、3自責点が以内に抑えた時の試合。

”クラッチヒッター”

チャンスやプレッシャーがかかる場面で勝負強いバッターのこと。

”グッバイホームラン”

選手がホームランを打ったときに、解説者が発する言葉。日本語に訳すと「ボールがスタンドまで飛んだ!ボールさようなら!!」

”サイヤング賞”

その年に活躍した投手に贈られる賞で、アメリカンリーグとナショナルリーグからそれぞれ1人が選出される。選出方法は全米野球記者クラブ28人の投票によって決められる。

左の強打者に対して使われる投手のこと。「左のワンポイント」と呼ばれることもある。

”シルバースラッガー”

その年に活躍した野手(打撃)に贈られる賞で、アメリカンリーグとナショナルリーグから各ポディション1人ずつ選出される。

”スイングマン”

先発、中継ぎ、抑えのどこのポディションでも、チームの事情で投げられることができる選手。

”5(ファイブ)ツール”

野手の重要な5つの能力、「ミート」「パワー」「走塁技術・スピード」「守備力」「肩の強さ」のことを指す。

”フリースインガー”

狙い球をしぼらずに、打てると思った球を打ちに行く打者のこと。フリースインガーは一般的には、大振りで三振が多いイメージであるが、イチローや柳田のように高打率を残す選手もいる。

”トミージョン手術”

肘(ひじ)の腱(けん)の手術でピッチャーに多いケガ、実戦に戻るまでは1年半から2年程度かかる。手術後に、ピッチャーの速球が速くなることや変化球のキレが良くなることがあるが、手術の影響ではなく、リハビリ期間の練習量が影響しているとされている。

”ドラフト”

毎年6月上旬に、アメリカのドラフト会議がおこなわれる。指名対象地域は、アメリカ、カナダ、プエルトリコで40巡目まで選択される。

”ハイクオリティースタート”

先発投手が7回以上投げ、2自責点が以内に抑えた時の試合。

”ハンクアローン賞”

その年に活躍した野手(打撃)に贈られる賞で、アメリカンリーグとナショナルリーグから1人ずつ選出される。

”プラトーン・プレイヤー”

右投手が先発出場するときの左打者、左投手が先発出場するときの右打者のこと。

”ロベルトクレメンス賞”

人格者で慈善活動を積極的におこなった選手に贈られる賞。

”ユーティリティープレイヤー”

複数のポディションを守ることができる選手。一般的には、投手とキャッチャー以外のポディションであればどこでも守れること。